院長ご挨拶

氏名:春木純淑 (はるき まよし)
出身大学:東京女子医科大学 医学博士
生年月日(干支) 19¤¤年 6月 ?才
専門診療科目:内科 小児科 糖尿病
認定医:日本内科学会 日本糖尿病学会 東洋医学 会 日本医師会認定スポーツ医 日本医師会認定産 業医

地域の活動:園医、校医、産業医


ご挨拶

春木医院は1940年に当地に開設されて以来、一貫して地域医療に従事して参りました。初代は父親が歯医者として、母親は小児科・内科医として戦争中の無医村の時代より多くの患者さん方の医療に従事してまいりました。
1985年より二代目として春木純淑が院長となり初代の意思を引き継ぎ、地域の方の診療に従事しております。
夫、春木英一が本格的開業医として地域の障害者、高齢者の医療を行なうべく、東洋医学・リハビリテーション医学を携えて大学より戻ってまいりました。 夫とともに今までに無い斬新な医療を行なうべく一層の努力をしていきたいと考えております。 又、昔のお医者様のように往診をやっていきたいと考えております。
最近は低出力レーザ機器を導入し、リュウマチの患者さんに使用しており大変好評を得ております。 又、理学療法士によるマンツーマンでリハビリ訓練も行なっております。
当院は、漢方薬もエキス剤以外に煎じ薬なども使用して治療を行なっておりますので、西洋医学治療に行き詰まった場合にはご相談下さい。 又、難治性アトピー性皮膚炎に対しても東洋医学的療法を行ない、良い結果を得ております。是非ご相談下さい。
最近特に話題になっている登校拒否・思春期の子供達の問題に、私自身母親の一人として深い関心を持っております。 学校問題における心理相談に深い造詣を持った専門家が週一度カウンセリングを行なっております。 お役に立てば幸いです。


院長から一言

幸いに今私は健康ですが、いつか私が病気になった時、こんな病院でこんなお医者さんにかかりたいなあという、そういう医者になりたいと日々努力しております。

はじめに戻る